映画・オペラ座の怪人

c0046780_22451029.jpg
土曜日にやっと観てきました('∇')映画でやるって聞いたときからとても興味ありまくりで、普段めっったに映画館に観に行ったりしないんですが、今回は意地で!友人誘って観てきました。

特にネタバレ書く気はないですが、一応長文カモ↓




劇団四季の舞台を5年くらい前に一度観ていたんですが・・・なぜか印象よくなかったんですね(´・ω・`)ファントム役に迫力と魅力が感じられず、なんとなく全体的に散漫な感じがして・・・。平日の昼間だったから、いいキャストじゃなかったのかなぁ。なので、映画にはすごく期待していたんです。
いやぁ・・・スゴカッタwやはり音楽はいわずもがな(ぞくぞくきます)、とにかく映像美にただ呆然(゜∇゜)どことっても、どんな場面でも、ポイントを効かせたまとまった画面なのに感激です。光の加減、色のバランス、動く人物と動かない静物、動く空気と溶け込む衣装・・・久しぶりに映画館で見た映画だったから、なお感じたのかもしれません。どこを切り取って静止画にしても美しい、これってすごいと思うんですヨ。その美しい画面が、これまた絶妙なバランスで動き流れていく。そしてそれにからみつき、広がりを与える音楽・・・ぅぉーっ、タマラン(*´д`*)
役者もよかったです。
ファントム役のジェラルド・バトラーが、今回一番のお気に入り♪もぅセクシーですよ(*'-')狂気と哀愁ただよう怪人の存在感が、ぐっときます。歌の上手さでいうと、たぶんパトリック・ウィルソンのが上手いんだろうと思うけど、心に響く度合いはこっちが上のような('∇')
クリスティーヌ役のエミー・ロッサム、品のいい美女だ(*´д`*)と思ってパンフ見たら18歳☆マヂカーー;「ポイント・オブ・ノー・リターン」の官能的なシーンの彼女が、すごく好きです。
ラウル役のパトリック・ウィルソン、単純にカコイイwでもって声がイイ(*´д`*)さすがブロードウェイの実力派ミュージカル俳優、聞いていて心地よい歌声でした。長髪を後ろでまとめた髪型が、わたしのヴァナだーりん(キャラ)に似てる(*´д`*)なんてーのは、ドーデモイイコトデスガ・・・・
語りだせばキリがないくらい、いろいろ思うところありました。劇場公開はもうそろそろ終わるかと思いますが、ビデオやTVで機会があれば、ぜひまた観たいですね。
[PR]
by tineke1 | 2005-03-06 22:46 | 雑記
<< 20世紀少年・18巻 ぬり絵大会参加w >>